フランスに行ったら是非オススメしたいのが世界遺産モン・サン・ミッシェル。

モン・サン・ミッシェルは、1000年以上の歴史を持つ海上に浮かぶ修道院。1979年に世界遺産として登録され、世界中からの観光客が訪れる人気スポットです。

島全体は1日もあればある程度観光できますが、個人的にはパリからの日帰り弾丸ツアーよりも1泊2日をオススメしたいですね。夜、海上に浮かぶモン・サン・ミッシェルの夜景は本当に見事で美しいのです。

パリからモン・サン・ミッシェルへはどうやって行けばよいか

パリからモン・サン・ミッシェルへは主に以下の2つの移動手段があります。

  • フランス国営の高速鉄道TGVを使ってレンヌ(Rennes)まで行き、バスに乗り換えてモン・サン・ミッシェルまで行く(移動時間約3時間)
  • 現地ツアーとしてバスでモン・サン・ミッシェルへ行く(移動時間約4時間半)

現地ツアーでモン・サン・ミッシェルへ行く方法は移動時間が少し長くなっています。

TGV+バスのメリット・デメリット

TGV+バスは自分でチケットの手配を行う必要があります。少し前までバスの手配がややこしかったのですが、今はRAILEUROPEで日本語でも簡単に予約することができます。

パリ~モンサンミッシェルまでの往復が60日以上前の事前予約で約1万4000円~。直前だと2万円以上します。昔はこちらの方が安かったのですが、今はJTBなど日本語の通じるツアーでも1万2千円で行けるので、自由気ままに旅をしたい方以外は現地ツアーの方が良いかもしれません。

結構日本人も多く乗車しているので、現地で困ったときは日本人に話しかけてみるのも手です。

メリット
  • 自分の好きな時間に自由に行動できる
  • 好きな日程で訪問できる
デメリット
  • 交通費が現地ツアーよりもかかる
  • TGVがストライキで動かないことがある

現地ツアーのメリット・デメリット

現地ツアーは旅行代理店が用意しているオプショナルプラン。日本の旅行代理店でも数多く商品が販売されており、特に悩むこともないと思います。

バス自体の移動時間は長くなってしまいますが、無料Wi-Fiもついており、退屈することはないかと思います。最悪寝てればいいですしね。

メリット
  • 価格が安く済む
  • ツアーによっては日本語ガイドが付く
デメリット
  • 日程・時間が固定されてしまう
  • 移動時間が長い

TGV+バスの予約方法

TGV

フランスの高速鉄道TGV

ここでは最もRAILEUROPEを使った簡単な方法をご紹介します。

(1)RAILEUROPEのサイトにアクセスします。

RAILEUROPEトップ画面

RAILEUROPEトップ画面

(2)チケット検索で「パリ」と「レンヌ」と入力し、希望日時を選択します。

この時、「パリ」~「モン・サン・ミッシェル」と入力しないでください。TGVとバスを同時に購入すると、必ずフレキシー料金のみとなってしまい、TGVの格安料金での購入ができなくなってしまいます

(3)希望の電車を選択します。

格安料金は、購入した後の変更・払い戻しをしてもらえませんので注意してください。日程の変更の可能性がある場合は、フレキシー料金を選択しましょう。

チケット購入画面

チケット購入画面

(4)搭乗者の必要情報を記入し、カートに追加します。

チケット利用者の記入

チケット利用者の記入

(5)同様に「レンヌ」から「モン・サン・ミッシェル」までのバスチケットを予約する

あとは、クレジットカードで支払いを済ませれば、Eチケットが発券されます。Eチケットは印刷して持参し、その後TGVの駅で現物のチケットに交換する必要があります。

駅での発券方法は、RAILEUROPEのこちらのページをご覧ください。

モンパルナス駅の発券機

モンパルナス駅の発券機

現物のチケットを自宅まで郵送してもらう場合は、追加で1,500円必要になります。

現地ツアーの予約方法

下記のサイトの左上の検索フォームに、モンサンミッシェルと入力してください。

現地ツアー検索

後はご自身のプラン(日程)に合わせて好きなものを選択いただければOKです。

モン・サン・ミッシェル検索結果

上記は現地ツアーの予約方法の一例です。JTBでも取り扱っているので、ご自身のニーズに合わせて選択してください。

なお、JTBの現地ツアーはこちらから予約可能です。

おわりに

昔は英語サイトを駆使しながら行くのが大変だったモン・サン・ミッシェルも、日本語でのサポートが受けられ、簡単に行けるようになりました。

是非フランスに行った際には、訪問してみてくださいね!

以上!